レポート 映画・本・ドラマ

【映画】おとなの事情 スマホをのぞいたら

スポンサーリンク

映画見てきました。

2021年初映画館での映画鑑賞はこちら↓

 

予告を見た時からこれは見たいと思っていました。

なぜなら

好きな女優さんが出てるから!

鈴木保奈美さんと常盤貴子さん。

もうほんとに素敵すぎるお二人。

(木南晴夏さんも素敵でしたけれども)

相変わらずレポートは苦手なわけなんですけど、

なかなかおもしろかったです。

特にこう、涙が出るとか、考えさせられるとか、ジーンとするとか

そういうのはわたし的にはなかったですけど、

けどでも、大画面で鈴木さんと常盤さんが見れただけでも

十分でした(え。内容は?)

基本ずっと同じ場所での内容なので、

ほかの衣装を着た姿などはなかったのが

個人的にはちょっと残念でしたけど

(他の衣装を着たお二人も見たかった!

この映画、衣装代はそんなにかからなかっただろうなと

下世話なことをおもってみたり。大きなお世話!)

割とあっという間でした。

機会があれば本場イタリアのものも、見てみたいとおもいます。(多分見ない気がするけど)


帰りながら思ったんですけど。

この映画には3組の夫婦が出てきたんですけど。

以前みた

【映画】朝が来る

の時も同じような事を思ったんですけど

 

わたしは、

長く連れ添った夫婦間の気持ちがわからない、

んですよね。

だからなのか、↑の映画の時もそうだったんですけど、

その辺の気持ちがあまりよく理解できなくて。

まぁ、過去に結婚生活は10年ほど送ったんですけど、

夫婦間のそういうものが深められなかったわけだし

別れてもう10年以上経っているしで、

なんていうか、「そういう感情」が、正直さっぱりわかりません。

夫婦生活送ってないんだから、当然っちゃあ当然なんですけどね。

それどころか、というか、だからなのか

「なぜ夫婦を続けているのかわたしには理解できない案件」

が、多いんですよね。

え。

なんで。

意味不明。

え。

なんで。

どうしてなの??

と。

ちょっとまって、理解できない・・・。

みたいな。

もちろんすべての夫婦に対して、ではないし、

続けてるからいいとか悪いとかいう話の次元でもなくて

 

「理解できない」

「わからない」

んですよ。

 

なぜそんなおもいをしてまで一緒にいるのか。

もしかするとそこには長年連れ添った夫婦ならではの何かがあるのか

長年連れ添ったからこそわかる何かがあるのか

いやでもなんで???

よく一緒にいられるね????

なんで?

どうして?

生活のため?

老後のため?

だとするなら、自分の生活のためだけに

心を犠牲にできるものなの?

年老いてから、ますますどんどん残りの人生の時間が少なくなっていくのに

残りの人生、気持ちのない人と一緒に過ごせるの?

それとも

子供のため?

子供の立場からすると、もしかすると別れてくれた方がいいと思ってるかもしれないよ?

いやそれよりも、子供の教育とかいうならば、

実際は冷え切ってるのに、子供の為に表面的に夫婦をしてるだけで、

そうやって子供に嘘偽りを見せている方が

よっぽど教育に悪いと思うけど?

自分の両親実は仲悪くて冷え切ってた!

て、後から知るようなことがあった方が、人間不信に陥らないかな。

なんでそんな大変な思いして仕事してるのに、男の責任感や義務感だけで家族養ってるの?

それとも、もう、お互いが仕方がないと諦めて折り合いつけてるだけ?

そこに虚無感などはないの?

とかとかとか。

まぁ。大きなお世話だとは思いますけど。

まぁだからといって女独りで生きることはなかなか大変なことなので

それを絶賛おススメするわけではないのだけれど

正直そこらへんの感情みたいなものが、わからないなぁ、と、思って。

 

さっぱりわからない

 

 

で。

そういう感情がわからないわたしは、もしかすると欠陥人間なのかもしれない・・・

う・・・・うぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅーーーーー(´;ω;`)

みーたーいーなー。

まぁ、分かったからって素晴らしい、とか、長く連れ添うことこそが美しい

みたいなことではないのだけれど、

けどでも、なんというか、

そういう感情を今後味わうことはもうないのだろうな

と、おもうと、それはそれでちょっと、なんか、寂しい気もしました。

それはもしかすると、なんとなく想像するに、

なんかよさげにみえるから。

なのかもしれないです。

色々乗り越えてきた今、

みたいなやつ。

あれあれ。

それそれ。

例えばもし今後再婚することがあったとしても(多分ない)

けどでも、今後の人生はどんどん少なくなっているわけなので

若いころから死ぬまでずっと添い遂げるような長い年月を他人とともに過ごす

という経験は、わたしにはもうないので。

どう考えても今から40年連れ添う、とかは、年齢的に・・・、ねぇ。

まぁね。

人の人生それぞれなので、

何がよくて何が悪い

何があるからいい何がないから悪い

ということはないのだけれど、

「長年連れ添ったからこそわかる何か」

には、ちょっとだけ興味があったりします。

だからもし、今これを読んでいる人がそういう状況にあるなら、

なんというか、

それってなかなか偉いことなんだ、

と、思ってみたらいいのかなと、勝手に偉そうに書いてみます。

もちろんそこには、あらゆる出来事、あらゆる感情が、あるのだろうなとは思うんですけどね。

人生いろいろですから。

そんなわけで。

夫婦物はちょっとよくわからないからもうしばらくはいいかな、

と、書きながら思いました。

なんか感想とかものの見方なんかが

ずいぶんとひねくれててすいません(いまさらー)

ではまたー。

スポンサーリンク

-レポート, 映画・本・ドラマ
-, ,

Copyright© oriestyle , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.