ハンドメイドアクセサリー

アンチョビ 途中経過

スポンサーリンク

先月アンチョビを漬け込んでからちょうど1か月。

ピザトーストと自家製アンチョビ

今日はお仕事もお休みだったので

取り出して瓶に移し替えることにしました。

今日の記事はアンチョビ途中経過です。


まずこれ。

左が頭も内臓もとって、冷蔵庫に入れておいたもの。

右は次の日にまたイワシを買ってきて、頭も内臓もそのままにして

常温で暗いところに保存しておいたもの。

です。

まずは左側の冷蔵庫で保存しておいたものから。

お箸で丁寧にはがして、キッチンペーパーで水気を切ります。

まだ若干お塩が残っています。

それに、香りもあまりしません。

どこかの記事で読んだけれど、これはどちらかというと

イワシの塩漬け、というようなイメージ。

発酵食品とは少し違うなぁ、というような感じです。

では次は右の常温バージョン。

この写真ちょっと怖いよ 笑

ギャ!

ラップとキッチンペーパーをはがした瞬間ちょっとギョっとしました。

目が、目がぁぁぁぁ。こわー。

動画も撮ったけどさすがにちょっとグロかったので写真で。

でも。

でもですよ。

こちらはものすごくいい匂いがします。

いい匂いというか、なんというか。

発酵臭?なに?とにかくすごくいい匂い。まぁこの匂いをいい匂いとは思わない人もいるかもしれないけど

わたしにとってはいい匂いでした。

さっきの左のものからは全然してこなかったこの匂い。

これこれこれ、これぞまさにアンチョビの匂い。的な。

グロイですけど。

腐ったりしないかなと心配していたけど

空気が入らないようにと、とにかく水気を十分すぎるほどとったのが

今のところよかったのか、カビが生えたりとか、腐敗臭がしたりということはなかったです。

よかった!

こちらも水気をきっていきます。

そしてさすがに頭はおとしました。

もしかしたら頭の部分だけでも何かに使えるのかもしれないけど

ちょっとそこよくわからない。

とりあえず胴の部分だけにしました。

で、この漬け込んだ後の汁は、ナンプラーとして使えるらしくって。

へー。

自家製ナンプラー。

でもこのままでは使えないので、

コーヒーフィルターで濾していきます。

左があたまつきバージョン。

右が冷蔵庫バージョン。

ひつこいようですが、左の方がいい感じです。右はまだお塩がじゃりじゃり残ってる感じ。

匂いもほとんどしない。

で。

その残ったお塩もフライパンで乾煎りして使えるそうで、

まず少しだけ乾煎りしてやってみました。

じゃじゃん。これです。

深みのあるお塩ができました。

炒め物とかに使ってみようかな。

いやいやいや。

アンチョビ、捨てるとこないやん(頭捨てたけど)

すげー。

イワシ安いのに、すごーい。優秀。

では。

瓶につめてゆきます。

熱湯煮沸した瓶にいれてゆきます。

まずは冷蔵庫バージョンから。

入れ終わったらオリーブオイルをそそいでゆきます。

こんな感じ。

もうこれ見た目完全にアンチョビ🐡

ではお次は常温バージョン。

こっちは縦に入れてみました。

いれおわりましたー。

クンクン匂いをかいでみました。

やっぱりいい香り。

では。

これを冷蔵庫に入れておきます。

ここからまた1か月くらいしたら食べられるみたいです。

冷蔵で1年くらいはもつそう。

うーん。楽しみだなぁ。

って、そんなにアンチョビ使うのか?!って話なんですけど

けどでも、何しろ自家製大好き女なのでね。

楽しみです。

今のところは頭も内臓も全部つけて常温で保存バージョンが

良さそうな気がします。

自家製アンチョビレポート。

次回はまた1か月後に~。


今日はyou tubeもアップしました。

もしよかったら!

動画の後半に出てくるエッグマサラは、この動画を参考に作ってみました。

スパイシーでおいしかったー。

これから暑くなってくるし、

スパイスしっかり摂取して

元気にいきましょう。

 

スポンサーリンク

-ハンドメイドアクセサリー
-,

Copyright© oriestyle , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.