アクセサリー ハンドメイドアクセサリー

【YOU TUBE】リボン付きイヤーカフの作り方

スポンサーリンク

久しぶりにYOU TUBEの動画を作りました。
今日はそのお話を。


今回もまたまたイヤーカフです。

2種類のワイヤーを使用して作ります。
土台のイヤーカフを作って
リボンの部分はアーティステックワイヤーで作ります。
グルグルとリボンを土台のカフにまきつけて完成です。

ワイヤーの扱いが少し難しいかもしれないですけど、
アーティステックワイヤーは柔らかくて、割と扱いやすいので
慣れてしまえば意外と簡単に作れるんじゃないかなと。
リボン部分があんまり大きいと
邪魔になって耳につけられないので
動画くらいの大きさがおすすめです。
ワイヤーでリボンが作れたら
それをモチーフにしてブレスレットにしたりもできるので
いろいろ応用もききます。
もしよかったら作ってみてくださいね♡


先日少し前に作ったネックレスの動画にコメントをいただきました。
真似して作ってみます、のようなコメントをいただき、
それはそれはうれしかったです。
自分の知らないところで
どこかで誰かが参考に作ってくれて、楽しんでくれていたら
もうそれはほんとうにうれしいことだなぁ!と。
(のわりには、あまり親切心のない動画ではありますけど・・・苦笑)
何かしら「役に立っている」感が感じられることが
わたしにとってはある意味至福なことでもあります。
まぁそれは、わたしだけじゃなくて、
あらゆる人に言えることなのかもしれないですけど。
それはたいそうなことじゃなくてもいいから
小さなこと、些細な事でいいので、
何かしら世の中の役に立っている、という実感を持つことができたら
意外とそれが生きる活力になったりするような気もします。
また逆に、それが感じられなくて、
自分は世の中から何も必要とされていない
という気持ちって、生きるエネルギーがあまりわいてこなくて
あまりいい状態にはならないように思います。
まぁ実際には、
世の中の何にも役に立ってない人などいないんですけど、
それでも自分の勝手な思い込みであったとしても
なんのために生きてるんだろう
とか
誰からも必要とされてないんじゃないだろうか
とか
そういう思いってイコール孤独感でもあるから。
孤独感からはなかなか生きるエネルギーってわいてこないものです。
人って誰しも、
どこかで何かしら誰かの役に立っている、ということで
存在が認められたような気がして
嬉しい気持ちになるんじゃないかなと。
で、
そういうのってどんなにがんばっても
「モノ」では埋められない気持ちなんですよね。

で。
それを相手に伝える手段というか
それって結局のところ
シンプルに
「ありがとう」の一言だったりもするんですよね。
シンプルに
「ありがとう」の一言をもらえただけでがんばれたり。
だから、できるだけ、やっぱり人には
「ありがとう」と伝えられる人でありたいなと。
まぁ要するにそれは
感謝
ってことに、なるんですけど。

小さなこと
些細なことを見過ごすことなく
なるべくきちんと口に出して
「ありがとう」といえる人でありたいなと、
そんなことを思います。


てことで
久しぶりにYOU TUBEの動画を作りました(事実)
動画はなかなかうまく作れないけれど(気づき)
どこかで誰かの役に立つことができたなら、それはとてもうれしいことだなと思いました。(教訓)
わたしは人に感謝の気持ちを伝えられる人であります!(宣言)

てなわけで。
感謝の念が
独りよがりにならないように
押し付けがましくならないように
自然に伝えられる人になりたいものですねぇ。

スポンサーリンク

-アクセサリー, ハンドメイドアクセサリー
-, , , , ,

Copyright© oriestyle , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.