blog

酷い母

スポンサーリンク

社会人になったからと、休暇で帰ってきている双子の上の娘が

靴を買ってくれました。

嬉し気に履いている図。

その気持ちだけで十分だよと、その気持ちに涙が出てしまったんだけど、

まぁせっかくの気持ちなので、靴を買ってもらいました。

とても気に入っています。

嬉しいな。

何か欲しいものはないかと聞かれて、

いざ聞かれると、

というか、

普段から特にこれと言って欲しいものがなくて。

なんて無欲なんだろうと我ながら思うんですけど(自分で言う!?苦笑)

でも、改めてじゃあわたしは一体何を欲しているんだろうと問いかけてみると

ものではなくて、なんというか、平穏な暮らし、平穏な日々、平穏な人生、

だったりします。

じゃあ平穏って何?という話なんですけど、

自分でいうくらいだからたいしたことないのかもしれないけど

なかなか心労が多かったり波乱な人生だったりするので、

心穏やかにいられることが

わたしにとっての欲しいものなのかもしれないなぁ、と

そんなことを思います。

まぁ、わたしのことだから、じゃあ平穏になったからと言って

心穏やかにいるかといえば、おそらく

「これでいいのか」

「こんなんでほんとにいいのか」

なーんて、思いそうですけどね。

めんどくさい性格ですよ。

てことで、なんだかんだと喜怒哀楽の激しい、

アップダウンの激しい人生を、心のどこかで望んでいるのも確かなようです。

凸凹の小ささより、

大きな凸凹を望んでいるというか、

それにすっかり慣れてしまって、今さら小さな凹凸だと、

逆に違和感というか。

そんなわけで、

靴を買ってもらってから、千と千尋を見に行きました。

もうね、それこそ、この前のナウシカよりも、

もっともっと見てるんだけど。

公開当時、映画館にも行ったし、DVDも発売と同時にすぐに買って擦り切れるほど見たし。

で。

今、いつ公開されたのか見てみたら、2001年だって。

当時娘も連れて行ったような気がしていたけど、娘はまだ生まれてなかった!

2001年7月に公開されたみたいだから、双子がまだおなかにいる頃、それこそ臨月のころ、

見に行っていたようです。

話がそれましたが。

いいものは何度見てもいいね。

何回見ても大好きな映画です。


帰ってから娘に頼まれたピアスを作りました。

パーツ屋さんに一緒に行って、娘が選んだパーツ。

 

そんな感じで楽しい充実した一日になりました。

 

でも。

ここだけの話。

双子の口喧嘩が酷くて煩くて。今に始まったことじゃないけど。

(仲良く話してる時ももちろんあるんだけど)

もうそろそろおなか一杯。

うるさすぎて疲れるわー。

朝から晩までK-POPが鳴り響くとかももういいかげん勘弁。

たまにでいいよ。ほんと。

酷い母ですいません。

まぁ娘もわたしはたまにでよくて、

もうおなか一杯だと言ってるくらいだから

お互い様ってことで。

 

親子でも

適度な距離感大事です。

 

今夜も耳栓して寝るとします。

スポンサーリンク

-blog
-,

Copyright© oriestyle , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.