blog

スポンサーリンク

今週は、とてもハードな一週間でした。

あまりにハードすぎて、身も心もお疲れモードで少しネガティブモードになりかけていたけど、思わぬ救世主が現れて嬉しくて涙が出た。

器用に上っ面だけでプカプカといくのと

不器用だけど、信頼されたり頼りにされたりするのと、どちらがいいかと自分に問いかけた時、しんどい時は、器用に上っ面だけでいいじゃないか、と、ついつい思ってしまうのだけれど、今日みたいに、不意に人から助けられると、やっぱり不器用でも自分なりに一生懸命生きてる方がいいなと、そう思いました。

考えたところで器用な生き方ができるのかといえば、できるはずもなく、そうなると今度は、なんでできないんだろうと、また変に人を羨んだりしてしまうことがあるのだけれど、そうするとたいがい、そうじゃないでしょ、みたいな出来事が起きて、あぁやっぱりわたしはこのままでいいのだと、再認識させられるというか。

何度も繰り返すということは、自分の中で克服できてないという証拠でもあり、そして、克服できてないからなのか、同じような現象が目の前に突きつけられて、あぁ、修業だなぁ、修業させられてるのかなぁって思います。

ちっさいことで人を羨ましがってる場合かよと。それこそ器が小さいし、それこそ上っ面だけしか見てないんじゃないの?かっこわるぅ!て、また自己嫌悪に陥るのだけど、だからこそ、そうならない別の何かで自己を確立していくことができたら、また違ってくるのかなと思います。

そしてそれからもう一つ。

人をおもいやる気持ち。

自然体で人をおもいやることができたら、それはすごく素敵なことだなぁと。

もういい年齢なんだし、

わたしも見習って行こう。

スポンサーリンク

-blog

Copyright© oriestyle , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.