blog

アップルサンゴのネックレス

スポンサーリンク

依頼があり、

アクセサリーの製作をさせていただきました。

アップルサンゴやさざれサンゴ、そのほかにも天然石を使用したネックレス。

どこの位置にどのパーツがきてもいいように、留金具はあえてつけず。

スポッとかぶれるデザインにしました。

気に入ってもらえるといいなぁ〜。


今回作りながら思ったんだけど。

依頼をうけてデザインを考えて材料を仕入れて制作して、そしてお金をいただくということについて。

それってなんだか凄いことのような気がして。

自分が作ったものを販売できるって。

ありがたいことだよね。

気がしてというか、もっとこう、自信を待ってもいいんじゃないかなって。

いやだからといって、作るときに自信がないとかではなくて、むしろめちゃくちゃ集中してつくるし、気の良い時しか作らないし、そこはプロ意識持って作っているんですけど、そういう話ではなくて、これってわたしの人生において、ちょっとした宝物だよなぁって。

長年自分自身で培ってきたものでもあるのだから、もっとこう、なんていうか、自信を持ってもいいことなんじゃないかって。

この間の認知の歪みの話じゃないけど、

基本的にものすごく自分を責めすぎてしまったり、自分にダメ人間のレッテルを貼りまくってるようなタイプの人間なので、何においてもこんなんじゃダメだとか、こんな程度で。。。とか、だからわたしはダメなんだ、とか、わたしには何もない。。とか。割とすぐにそんな風に思ってしまう節があって。もうある意味病的なくらいに。

もちろんつくれることはつくれない人からすると、ある意味すごいことなのかもしれないけれど、でも、これが作れたとしても、整理整頓が苦手だから、だからやっぱりダメだよね。。とか、もうほんとに、救いようがないんですよ 笑。

まぁあんまりこんな風に書くと、そんな気持ちの人に誰も依頼しませんよと言われそうですけど、でも、ここまで書いておいて言うのもなんですけど、作ることは何よりも大好きなんですよ!ほんとうに好きで。

だから基本的にはとにかく作れて、そしてそれによって喜んでくれる人がいたらそれで十分。

みたいなね。

でもだからってそこに自信満々になれるかというと、そういうことでもなくて。

だけど、これはもしかすると、いや、もしかしなくても、自分の中で、誇りに思ってもいいことなんじゃないのかなって。ひけらかすとか、自慢するとか、そういうことではなくてね、わたしにはこれがある。というような、なんてゆうか、そんな感じで。自らの手でで何かを生み出せるって、生きてるって感じもするし。

ちょっと大袈裟だけど。

ちょっともうちょっと自信もっていこーよ自分。

みたいな。

そんなことを思いました。

気に入ってもらえたらいいなぁ〜!

スポンサーリンク

-blog
-

Copyright© oriestyle , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.