blog

深みのある味に必要なのは

スポンサーリンク

なんだか少し、お疲れモード。

普段なら笑い飛ばしたり聞き流したりできることも、いちいちひっかかるし、いちいち反応してしまう。

まずいまずい。

これは、心の余裕がなくなりつつあるサイン。

疲れてるなぁ。

ひどくならないうちに、対処しなくては。

心の健康を健やかに保つことって、

ものすごく難しい。

いくら元気でいたくても、自分の力ではどうにもならない外的要因、予測不能な出来事は、いつだって起きるから。

それが、気を揉むことだったり、

心に負荷がかかることなら尚のこと。

体の不調は痛みや疲れで自覚しやすいけど、心の不調は意外と気がつきにくかったりもするから、メンタルケアも、しっかりしてゆきたいものです。

それにしても。

心労が耐えんなぁ。。。

神様は、いつだって容赦なく、メリメリ、メリメリと、痛めつけてくださいます。

まぁきっと、わたしだけじゃなくて、みんな何かしら抱えて生きているんだとは思いますが。

とはいえ今日は予定外に時間ができたので、少しリラックスした時間を過ごしたいと思います。これはこれで、神様からのプチギフト。

だと思って!


ドラゴンフルーツを買いました。

中身はこんな感じ。

外見と中身のギャップよ!

味は、お値段が安かったからか、あまり味はなかったのだけれど。

外見、中身、そして味。

大事だなぁと。

外見だけよくてもダメだし

中身だけよくてもダメだし。

全部がバランスよくあるのがいい。

そして、深みのある味があれば尚良し。

ただ甘いだけとか

ただ単にしょっぱいだけとかではなくて、

なんとも言葉で表現しづらい深みのある繊細な味を目指したいものですねぇ。

それに必要なのは、やっぱり痛みですよ痛み。

胸の痛み。

味の深みには胸の痛み。

そう捉えてみようかなと。

スポンサーリンク

-blog

Copyright© oriestyle , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.