blog

心の修業が足らないのかもしれない

スポンサーリンク

しばらく書いていなかったけど

娘との生活が、相変わらずなかなかキツいです。

いいときももちろんあるし、

時々相談にも行っているけれど

それでもやっぱりメンタル的にキツくなります。

あぁどうすれば・・・。

彼女と同じくらいの年齢の発達障害の子供(子供といってももうすぐ19歳)を抱えている親御さんは、

そのへんどうされているんだろう。

ただでさえディスられてばっかり(本人にそういう気はないみたいだけど、

わたしからするとディスられているようにしかとれなくて)でメンタル凹むのに

さらに、うまくやれない自分を責める日々です。

基本が攻撃的なので。ほんとうにささいなことで攻撃ばかりしてくるんですよ。。

 

 

うまく聞き流すしかないよ

 

とか、

簡単に言う人もいるかもしれないけど

そんなにたやすいものではないんだなぁ・・。

 

人とのコミュニケーションにおいて、

人間は喜怒哀楽という情緒があるから、

お互いに寄り添ったりぶつかったりわかりあったり、それで心が保てる部分って、あると思うんだけど、

基本的に「喜」と「怒」しかも「怒」が多め。で、「哀」・「楽」が何しろ欠落しているので

そのあたりが、なかなかこちらもしんどい部分です。

相手の気持ちを汲み取る、というようなことがおそらくとても苦手、というか難しいようなので

今後もこちらの気持ちが通じたりするようなことはあまり期待できず(とはいえ成長とともに少しずつは変わっていくかもしれないから

断言はできないけど)。ちなみにこれは、親の心子知らず、というのとは、ちょっとニュアンスが違います。

人の感情や気持ちや空気などを、感じ取れない領域、みたいなものが、あるような気がします。

それでこちらも生身の人間なので、

気持ち的に結構ヘトヘトになるんですよねぇ・・・。

かといって、しんどかったり、元気がでなかったりで

落ち込んでいたり、腹を立てていても、

それはそれで

うぜーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

といってまた攻撃されるという・・。

あ・・・なんかちょっと悪かったかな・・・

みたいなことは、一切ないんだなぁこれが・・・。

 

ちょっと愚痴っぽくなってしまいましたが

決して解決策が欲しいとか、

同情してほしいとか、

わかってもらいたいとか

理解してもらいたい、とか、

そういうわけではなくて

吐き出す(書き出す)ことでなんとか気持ちを整えてみよう、

という試みでありました。

読んでて気を悪くさせたらごめんなさいね。

少しだけ吐き出してみました。

 

ある程度の大人の発達障害を相手に暮らすということは

なかなか容易いことではなさそうです。

なさそうというか。

容易くないです。

 

あ。でも。

もしかすると、

余裕のよっちゃんで暮らしている人もいるかもしれないから

それはやっぱりわたしの心の修業が足らないだけなのかもしれないんですけど。

 

まぁもちろ、彼女なりに頑張っている部分はたくさんあるし

それはわたしなりには認めているのだけれど、

なんというか・・・それだけじゃない部分というか

いわゆる感情の部分のわたし側のコントロールが、ものすごく難しいです。

 

 

 

スポンサーリンク

-blog

Copyright© oriestyle , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.