blog

終わりの始まり

スポンサーリンク

早いもので今日で5月もおしまい。

ほんとうにあっという間の1か月でした。

月日が流れるのが恐ろしく早く

その割には過ぎ去った日はあっという間に遠い過去のような気になるのはなぜなんだろう。

あっという間に過ぎたのなら、ついこの間みたいな感覚になってもいいようなものなのに

過ぎた過去は遠い昔感覚。

いつも思うけどこの調子だとほんとうに人生はあっという間に終わってしまいそうだなぁ。

つい先日も

終わりはあっけないな

と思う出来事があって。

終わりは一瞬でそしてとてもあっけない

それは

退職だったり人との別れだったり

とにかく終わるときは一瞬。とてもあっけない。

ドラマの最終回も、割とあっけなく終わっちゃうし。

だからきっと終わりって割と何事でもあっけなくて

どちらかいうと、終わりよりも、

それよりも、それまでの過程、その渦中が大事なんだろうなぁと。

もちろん終わり方も大切ではあるけれど。

そしていつ終わりが来てもいいように、いつどんな時でも

その時その時を大切にして、後悔なきよう、ひたむきに生きるのがいいんだろうなと。

思います。

自分の意志とは関係なくある日突然終わることもあると思うので。

人生だっていつ終わりがくるかなんて

正直誰にも分らないし。

そしてきっと人生の終わりもおそらくはとてもあっけない、のだろうと思います。

最後のときよりも、

泣いたり笑ったり怒ったり悩んだり苦しんだり、そういう過ぎ去った日々がきっととても大切で

終わりの瞬間にはきっとそういうことがとても愛おしいことだったと思うような気がします。

だからこそ、日々のそういうことを大切にしておきたいなと思うのです。

煩わしいことや、苦しいことや悲しいことはできるだけ避けたいと思ってしまったりもするけれど

それでもきっと過ぎてしまえばそういうことも愛おしいことなんだろうと思うので。

生きている今でこそ、過ぎ去った日々に愛おしさを感じてしまうくらいなので

おそらく人生の最後の時には、

今以上に愛おしさを感じるんじゃないかな。

その時その時を全力で生きていれば

後悔することはないし、そして愛おしさは感じたいけど

後悔だけはしたくないと思って生きているので

引き続き、

もっとこうしておけばよかった

あの時ああしておけばよかった

というような後ろ向きな後悔だけは残さない生き方をしていたいなと思います。

後悔を残した人生なんて

人生に失礼ですよ

 

 

そしてどんなに自分の意志で終わりたいと思っても

そういう時期ではなかったり、そういう流れではなかったりするときって

終わりたくても終われないこともあるし、

だから案外、終わりっていうのは、一つの流れであり区切りであり

自分だけの力ではコントロールできないところも、あったりもするんだろうなと。

そしてそういう流れの時は、なんだかしらないけど

スルスルと、ヒョイヒョイっと、いつの間にか流れていくことが多い気もするので。

いわゆる人生の転換期、みたいなものでもあるのかなと。

なんでもそうだけど流れには抗えませんね。

流れのままにあることが一番自然で一番無理がないと思うので。

なので

日々を大切にして

今自分の身近にいる人たちを大切にして(これほんとうに大事)

流れのままにいきましょう。

日々粛々と。

 

さて。

5月がおわるということは

6月がはじまるということ

終わりと始まりはいつだってセットなので

終わるということは何か別の新しいことがはじまるということ

 

なんだかんだで5月も無事に過ごすことができました。

6月は、どうか日本や世界に明るいニュースが増えますように。

スポンサーリンク

-blog

Copyright© oriestyle , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.