blog

これまでの10年。これからの10年。

スポンサーリンク

今日はつらつらと、書いてみます。

3月1日。

今日は卒業式でした。

わたしには子供が4人いるのですが、

4人ともがこの春同時に卒業を迎え、

一気に子育てが一段落つきました。

長男 21歳

次男 19歳

双子の娘 18歳。

今、巷で噂の杏ちゃんのところも双子で年子だけれど

うちはさらにもう一人!(だからなんなの!)

いやはや。

早くこの日がこないかなぁと、

ずっとこの日が来るのを待ち望んでいたけれど

いざきてみると、これまでの10年のことが走馬灯のように蘇ってきて

一人でシミジミとしているところです。次男はすでに一人で自立して他県に出ているのだけれど

長男、長女は今月末には県外・市外に出ていくので、そうしたらまた、さらに実感が湧くのかもしれないですけど。

これまでの10年については一日二日で書ききれるものではないし

書くかどうかもわからないけれど、

それでもまだ小さかった彼ら4人を置いて一人家を出るという決断をした

その後のわたしの人生は、ある程度の覚悟はしていたものの

思った以上にイバラの道でございました。

ある日突然、学校から帰ってきたら、お母さんがいない。

という、とんでもなく罪づくりなことをしてしまった私なので

正直ロクな母親ではないのですけれど、もうそれは重々承知しているのだけれど、

それでも、この10年、わたしなりに頑張ってきてよかったなぁ、と、今は思います。

そして、とても過酷な状況、環境の中で

一人も横道にそれることなく育ってくれたことは

もうほんとうに、感謝しかなく、

それはもちろん、周り、特に私の両親のおかげであることは間違いないし、

そしてまた、何よりも、彼ら彼女たちがそれぞれの人生をしっかり生きてくれた賜物だなぁと、

思っています。

そして何度も言いますが、わたし自身はロクな母親ではないけれど、

そんな状況の中で子供たちが無事に育ってくれたということは

わたしにとっての子育ては、成功だったのではないかと、

今思っています。

なんにもしてないのに、どの口が言っとんじゃボケ、と自ら突っ込みも入れたくもなるし、

はたからみても、そうは思えなかったとしても

あくまでもわたし自身の中で、なのですけど。

そしてわたしの手柄とはとても言えないのだけど、

人生の一つの区切りとして、私の中の一つの成功体験として

持っていようと思ったりもしています。

俺、かーさんとパパが離婚していなかったら

もし、両親そろってあのまま暮らしていたら

こんな自分じゃなかったかもしれないから

離婚してよかったって、今は思うよ。

と、今日次男の口からこんな言葉を聞いて、特にそう思いました。

わたし自身、勉強しなさいとはほとんど言わなかったし

いい学校、いい就職先についてほしい、とか

いい成績をとってほしい、とか、そういう思いは正直ほとんどなくて

(そりゃあ本人の意思でそうしたければそれをとめることはないけれど)

それよりも、人生で起きる出来事の中で

いろんなことを内面的に学んでいってほしいと思っているので

そんな言葉を聞いて、

あぁ・・・こんな風に物事をとらえられるようであれば

この先いろんなことがあっても、きっと大丈夫なんじゃないのかな、と。

そういうことって人から言われて気が付くことでもないし

そしてまた、今そうであれば、今後もずっとそうである部分でも、あると思うので。

人間根っこの部分は、そんなに変わりませんからね。

なので、そこを目指してきたわたしにとっては

そんな風にとらえられるように育ってくれたことは

わたしにとっては

子育て成功!

いやー。それにしても

しんどかった!!!

とにかく。

これまで自分で自分に呪いをかけていたようなところもあって、でもその呪いも、もうといてもいいのかなと、そんな風にも思います。

もういいよね。

というわけで。

これからの10年は、いよいよ自分に集中できる期間です。

無駄に過ごさないよう、

もっと成長できるよう

日々粛々と精進していきたいなと

思っています。

10年後を見据えて。

がんばっていこうー。

なんか最後グダグダですけど。

今日のところはこの辺で、しめます。

次男と次女と食べたおひるごはん。

改めて。

卒業おめでとう。

スポンサーリンク

-blog

Copyright© oriestyle , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.