blog

神と共に

スポンサーリンク

一週間が過ぎるのが早すぎてびっくりします。
あっという間に金曜日!
長かった緊急事態宣言も、ようやくあけますねぇ。
そしてもうあと10日ほどで、2021年の半分が終わることに
驚愕としてしまいます。
早くないですか?
あれよあれよと月日は流れてゆくので
無駄にすることなく、できる限り有意義な時間を過ごしてゆきたいなと思います。
とはいえ、自分で決めたことをコツコツとひとりでやり続けることの難しさも同時に感じています。
自分との闘い的な。
すぐに楽な方に流されたり言い訳したり。
高い目標じゃなくてもいいから
せめて低い目標をこなしていくくらいの
忍耐力は培いたいなって思います。


というわけで。
またまた韓国映画ネタ。
すいません。こんなネタばっかりで。
娘が見たいと借りてきて、本日一緒に鑑賞。
わたし3回目。
やっぱり何度見てもおもしろい!
もういっそ、DVDを買ってしまおうかしらと思うくらい。
神と共に 第一章 罪と罰

 

神と共に 第二章 因と縁

いわゆる「地獄」お話なんですけどね。
現世での行いや、過去の繋がりや縁などなど。
因果応報とか、そういうところですかねぇ。
わたしはそういう分野が大好きなので、
特に面白いと感じるのかもしれないですけど。

ほんとうにあの世が存在するのか、
とか
前世とかありえるのか
とか
そういうことって結局のところ仮説でしかないわけで、
そこに絶対的な答えなんてなくて、
(だいたい今この世に生きてる人で過去に死んだことのある人などいないから)
だから、個人個人が好きなように好きなものを信じたらいいと思うんですけどね。
でも、そこらへんをどのように捉えるかで、生き方って変わってくるんじゃないのかなと。
死後の為に生きるというのはなんだかちょっと変な感じはするけど
でも、わたし個人的には、やっぱりそこら辺のことは意識しながら
「今」を生きていたいタイプの人間です。
まぁだからといって、そっちばかりに傾いても、これもまたおかしなことになってしまうので
バランスはとても大事ですけど(精神世界は大好きだけど、なんだかんだわたしは超現実的な人間なので)、
でも、そういう世界を想うことって大事だし、
生きる指針みたいな感じにはなるのかなと思います。
もし仮に、現世が過去の延長であるなら
だとするなら記憶はないけどちゃんと生きておかないと
来世でしんどい思いしちゃうから、だからちゃんと生きなきゃ!
とかね。
ねえちょっとあなた過去生で一体どんな生き方してたの?と、自分に問いたくなることが多々あるから余計に。
今世ちゃんと生きておかないと、来世また大変になるじゃないか!みたいな。
まぁなんにしても、
全ては自分にかえってくる。
全てはいつかどこかで自らが蒔いた種ですよ。
てことで。

ちゃんとしっかり真面目に生きましょうね。
ってそれわたしか 汗。

ネトフリ配信はないんですけど
Amazonはこちら。



もしよかったら!
そういうこと抜きにしても、よくできた面白い映画だと思うので。

というわけで、
本日もお読みくださりありがとうございました。
 

スポンサーリンク

-blog
-

Copyright© oriestyle , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.