blog

満足感って大事だなと思った日

スポンサーリンク

今日でgoogle photoの無制限アップロードが終わっちゃいますねぇ。
はてさて。
今度からどうしよう。
Amazonプライム会員ならAmazonで保存すればいいのかもしれないけど
わたしは会員ではないから、どうしようかなと思っているところ。
多分今までがすごく便利すぎたんだろうなと。
ありがとうgoogle photo!

失ってみて初めてわかるありがたみ。

みたいな感じですかね。
って別にgoogle photoのサービス自体が終了するわけではないんだけど。

とりあえず、PCにつないでHDDにバックアップする、
というのをマメにやっていこうかなと、思っているところです。
多分わたしのことだから、すぐに面倒くさくなるのが関の山だとは思いますけど・・・。
いやもう考えただけですでにそれだいぶ面倒くさい・・。
まぁ、そんなこと言ってないでお金を払えばいいだけの話なんですけど、
なにしろわたしはケチなので!

ケチといえば。

今日は娘が行きたがっていたとあるcafeに二人で行ってきたんですけど。

値段の割に満足感がものすごく低くて。
なんだかガッカリでした。
いやないわー。て、今日はそのネタで持ち切りでした。
お口直しに帰りにゲーセンにいったけど(苦笑)メダルも全然でなかった!くー。
そのお店には多分もう行かないだろうな。
まぁ、それも、行ってみたからわかったことではあるのだけれど

今日ほど
お金と満足感のバランスって大事だなと、思ったことはなかったです。

まぁそのあたりも、人それぞれの価値観なので
同じ状態で満足する人も、もちろんいるのだろうとは思うから
万人受けする満足感、というのも、これまた難しいことなのかもしれないですけど、
それでも、なんだかんだ人って

満足感を求めてお金を払っているのだなと。
お金は満足感を得るための手段
というか。

例えばマックとかですごいサービスを期待するのはちょっと違うし
また逆に、ある程度の対価を払ったのに、満足度が低すぎると、不満が残るしで。
だからそこらへんの

サービスや内容に見合った価格
価格に見合ったサービスや内容

というのはおそらくとても大事で。
まぁそこも、何を求めているかが人によって違うからこれもまた一概に言えないかなとは思うんですけど。
例えばサービスが悪くてもモノの質がよければいい、と思う人もいれば
多少味が悪くてもサービスがよければいい、と思う人もいるだろうし。
それでも、ある程度のバランスってやっぱり大事で、
それにそこには期待感もあるだろうしで。
誰でもやっぱり、
期待以上の満足感が得られたら、嬉しいと思うんですよね。
過度な期待はよくないけど。

だから
ある程度の値段であるなら、そこにはそれ相応の対応(接客)とかも大事だし
お店とかなら、ものだけじゃなくて、空間づくりも大事になってくるだろうし。
ここら辺は目に見えない部分も大事になってくる、というか。

なんというか、
とにかく、何がいいたいかというと

お金を払うことに対する満足感って大事

てことです。
これは
与える側であっても
受け取る側であっても
どちらにも言えることで

わたしの場合はサービス業に従事しているから余計に自分が受け取る側になった時に
与える側の部分を観察してしまう(お前何様)というところは、
あるのかもしれないですけど。

そして、自分が何かにお金を払うときには
ある程度の満足感は得たいなと、思ってしまうんですよね。
で、
特に最近は、明らかに満足感が得られそうもないであろう場面に、
極力お金を払いたくない、
と思ってしまう傾向が強くなってしまって
ケチ度が加速しているような気がしています。
ただでさえケチなのにっっ!!
まぁ、世の中、ある程度のお金を出せば、それに見合ったサービスは得られはしますけど
わたしは正直そこまでのラグジュアリー感は求めていないから、
だったら
家でコンビニスイーツ食べてる方が全然いいわ!

みたいな。

そんな感じで、
元々ケチなのに、ケチに拍車がかかっています。

でも、
サービスを提供する側としては
何かしらの満足感を提供しようという努力は
怠ってはいけないなということもまた思いました。

あら。
でももしかすると今日はそんなことが学べたから
もしかするとお安い勉強代だったかも!
と、
無理やりポジティブシンキングに変換してみる。

そして、ケチなのは正直認めるけど、
見方をかえれば、ちゃんと大事に有意義にお金を使いたい、という気持ちでもあったりします。
ケチというよりシビアなのかも。

お金を得ることが大変なのと同じくらい
人からお金を頂くことって
なかなか崇高なことだと思うんですけど、どうでしょう。
深く考えすぎなのかもしれないですけど。
まぁなんにしても、シビアでケチなことはまぎれもない事実ですね!(なんのアピール)


帰ってきてから、久しぶりにレンタルしてきた映画を見ました。
はいまた得意の韓国映画!

少女時代のユナちゃんが可愛すぎました。
にしても、ユナちゃん細い。
そしてまだ31歳なことにオドロキΣ(・□・;)
内容も、
え。ちょっとなにこれ漫画すぎない?
みたいな感じで、
はらはらドキドキするんだけど
なにこれーーーーーー。
みたいな場面も多々あって
割と頭空っぽにして見れる感じでした。
コメディアクションってだけあって、面白かったです。
1時間43分と、割と短めでサクッとみられるので、もしよかったら。

映画とか見た後で
口コミとか感想見るのが好きです。
なぜなら自分ではなかなかうまく感想を文字にして表現できないから。
上手に感想書いてる人に共感して何かを満たす、みたいな感じ。

今日もここまでお読みくださりありがとうございました!

スポンサーリンク

-blog

Copyright© oriestyle , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.