blog 気づき

一生懸命やりましょう

スポンサーリンク

やったぁぁぁぁ。

下の娘の転職が、今日無事に決まりました。

連絡をもらってから、涙がポロポロと。

泣いたー。

よかった。

よかったーーーーーーーーーーーーーーーー。

ひとまず一安心です。

今回のことでもまた、わたし自身もとてもたくさんのことを学ばせてもらいました。

いやいやほんとに。

ちょっとまじで勘弁してほしい・・・

と、思うことも多々だけど(てゆうかあなたそれ多すぎですから!苦笑 ヘタレか!)

同時に、4人もいると成長させてもらう出来事もたくさんで、

それはとてもありがたいことなのだと思います。

とかなんとかいいながら、

わたしは愚か者なので、そういう気持ちがすぐに喉元すぎてしまうから

だからよくないんだけど、けどでも、なるべくそういう想いを持ち続けられるようには

していきたいなと、おもいます。

とあとは、やっぱり自分の中の感覚とか、そういうことは絶対的に大切にしないといけないな。

てことも。

そしてそれから今回一番感じたことは

一生懸命やることの大切さ

これです。

今日はそんなところを、頑張って文字にしてみたいと思います。


わたしは要領も悪いし、心にもないことを口にしたり、

上手を言ったり、ということがとても苦手で、

基本的には不器用な生き方だなと、我ながらよく思います。

で。

それを自覚しているから、

だからわたしには

一生懸命やることしかない、と、思っていて。

誤解のなきよう書きますが、要領のいい人が一生懸命やっていない、

という意味ではなくて、

私自身、一生懸命やることしか取り柄がない、というか。

それがなかったら、もう・・・取り柄ないじゃん!!!

みたいな。

性格は悪いし腹黒いし、

それで何事もちゃらんぽらんだったら、

もうそれ人間的にどうなのよ・・・て。

だから、一生懸命やることで、せめて他の事を帳消しにできるんじゃないか、

とかとかとか。

とにかくそんな感じで、基本的には自分なりに何事も懸命にやるようにしてます。

でも。

人間だから、なかなか良い結果が得られなかったり、なんだか空回りしてる感じがしたり、

そしてまた、要領よく振舞っていたりするような人を目の前にすると、

心がざわざわしてしまったり、

一生懸命やることに、いったいなんの意味があるんだろう・・・

なんてことを、思ってしまうことがあるのも事実で。

さっきも書いたけど、愚か者なのでね 苦笑。

これは、何か見返りを求めて一生懸命やっている、

とか、そういうことではなくて、

けどでもやっぱりそこも人間なので、

自分なりに

「一生懸命やっててよかった」と、思えることがないと、

やり続けられないのもまた事実で。

そのよかった、と思えることは

例えば

対価であったり、

人に喜ばれることであったり、

なんだけど。

それがなくして、ただただやり続ける、ということは、

なかなか難しくて。

もちろんそれをやる続けられる人は世の中ごまんといるだろうし、

これを読みながら、

え。そんなことも出来ないの?と思う人もいるかもしれないけれど、

わたしはそこまで人間ができていないので、

なかなかただただやり続ける、というのは、難しくって。

けどでも、ちゃらんぽらんやいいかげんにやって

後々後悔するのはいやだから、だからやっぱり一生懸命やるしかなくて。

まぁ基本的には、一生懸命やることが、好きというのも、あるのだけれど。

で。

娘の話ですけど。

彼女も生まれもった性質的に苦手なことはたくさんあるのだけれど、

それでも基本的にはものすごくまじめで、彼女なりに一生懸命やっていて。

そんな彼女が今日面接だったんだけど、

なんとありがたいことに、思いがけずその場で即決だったんですね。

それでその面接の中で

娘は今ダブルワークで、その中の一つが、高校生の時から続けている

某フランチャイズチェーンのお店で。

そうしたらその面接のときに

以前その会社で、同じフランチャイズチェーンで働いていた子がいて

その人がものすごく働き者で、だからそこで働いている人=好印象、だったみたいで、

それも即決に至った一つの要因だったらしくて。

 

もうね。

 

え?(@ ̄□ ̄@;)!!

 

ですよ。

まさかそんなところにそんな球が飛んでくるなんて、夢にも思っていなかったですから。

まさかそこでそんなことが!!!?て。

 

そうはいっても、娘は高校の時から4年間、ほんとうにがんばってそこで働いていて、

でもまさか、今回、そこでがんばってたことが、次のステップへの思わぬ「よきこと」につながるなんて、

とてもじゃないけど全く想像していなくて。

驚きですよ。

でもきっと。

そういうことなんだろうな。

一生懸命がんばってたらいいことある

というのは、こういうことなんだろうな。と。

思ったんですよ。

もちろん、見返りを求めたり、損得考えてがんばるわけではないし、

がんばることは、人の為じゃなく、人と比較してどうとかではなく、

あくまでも自分のために。なんだけど、

それでも、がんばっていたら、知らず知らずのうちに、それが誰かの為になっていたり

そして巡り巡って思わぬところでポロっと自分にかえってくる。

 

きっとその時がんばっていた見ず知らずのその人も、

うちの娘に何かしらの影響があるからがんばっていたわけでは当然ないだろうし、

けどでも、その見ず知らずの人のがんばりが、知らない誰かによき影響を与えていることも事実で。

だからやっぱりがんばることは大事で。

もうね、娘とふたり、どこの誰かも知らないその人のことを想って、感謝感謝ですよ。

でもそれもまた、目には見えないけど、そういう感謝の念が、巡り巡ってその人にかえっていくわけで。

知らない人だけど、ちゃんと見えない糸で繋がっている!

善き念はちゃんとその人のところにかえっていく仕組み。

てことは。

当然ながらその逆もあるわけで。

もし仮に、そこでその人が、ちゃらんぽらんで、あまりよくない印象を与えていたなら、

もしかするとイメージの悪さから、今回の娘の結果は無かったかもしれないわけで、

そうなると、そのちゃらんぽらんな人間は、自分の事だけ考えて、適当にちゃらんぽらんにやっていたとしても

知らず知らずのうちに、どこかだれかに悪影響を与えているわけなので、そうすると、それはそれでやっぱり巡り巡って自分にかえってくるわけで。

 

世の中ってやっぱりそういう風にできているんだなと

 

そう考えると、やっぱり一生懸命やらなきゃいけないなと。

そしてそれは

無心に、ただひたすらに、誰のためでもなく、ひたすらに自分のために。

そしてそうやってひたすら自分のために頑張ることは

知らず知らずのうちに、誰かの為になってたりするわけで

そしてそうやってやってるうちに、巡り巡ってやっぱり自分にかえってくるわけで。

でももしかしてそれが生きてる間に自分にかえってこなかったとしても、

それは今度は自分の子孫にかえってくると思うから。

要は

 

徳積み

 

ですね。

 

人生それしかない。

 

と。

改めて思ったわけです。

 

 

もちろんね、

今回決まったことで、人生一生ハッピー、とは、もちろんならないわけで

常に常に変化していますから、

それはそれでまた、これから先何かしらあったりするわけなんだけど

それでもひとまずうれしい出来事だったし

人生そういう喜び事って、そうそうあるものではないから、

だから今日は、思いっきり喜びました。

そして、そうやって人生に関われる人数が4人もいるということは

大変さも4人分だけど、

喜びもまた4人分得られるのかと思うと、

これはなんとありがたいことなのかと、

それもまた改めて思いました。

一人だけの人生の喜び事なんてのは、たかだか知れているけれど、

(だいたい基本、思うようにならなかったり、しんどいことの方が圧倒的に多いですからね人生は)

子供たちの喜び事に立ち会えるということは、それはある意味、

自分の事以上に喜ばしいことでもあるので、

それはとてもうれしくてありがたいことだなと、思いました。

まぁだから、普段大変なことがあっても、

少しくらいは歯をくいしばって、乗り切らないといけないんですけどねぇ。

これがなかなかできないんだなぁ。

喉元すぎると・・・・ゴニョゴニョゴニョ( ^ω^)・・・

てことで。

今日の出来事で、

落ち込むことや凹むこともいっぱいあるし

自分を痛めつけてまで、心を壊してまで頑張りすぎるのはよくないけど、

けどでもやっぱり、自分なりに自分の人生を

迷いながら壁にぶつかりながらも

一生懸命生きていきたいな

生きないといけないな、

と、改めて思った次第でございます。

頑張らなくても心がザワザワしない人は、それはそれでいいけれど、

わたしなんぞはザワザワしてしまう性分なので特にです。

 

さぁわたしも言い訳ばっかりしていないで

さらに頑張っていかないといけませんねー。

 

みなさんも、がんばってたらきっといいことあります。

いいことあるからがんばる、というわけではないけど

それでも、がんばっていたらいいことはちゃんとあります。


 

ローソンの新しいスイーツ。

八天堂とのコラボ商品早速食べてみました♪

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

-blog, 気づき
-, ,

Copyright© oriestyle , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.