blog おすすめスポット お役立ち 気づき

大切にしたい友人とプチ乗り鉄

スポンサーリンク

今年は、人づきあいがあまり得意ではないわたしにしては
なぜか人に会う機会が多くて、嬉しい日々です。
その中でも、長い付き合いの友人知人は、特別何かを隠すこともしなくていいので
それだけでリラックスできる、ありがたい存在。
そして何が嬉しいって、わたしがいかにブラックな人間なのかということを
知っていてくれているところ。これが何よりうれしい 苦笑。
素敵な話とか、キラキラした話とか、そういう話しかできないのって
窮屈だし面白くもなんともないし、興味もあまりない。
だからって愚痴とか悪口大会みたいなのもそれはそれでどうでもいいからしたくない。
変に相手の価値観にあわせたりもしなくていいし、
ねぇちょっとおかしくない?と思ってることに共感してもらえたり
それってどうなの?と思っていることを
やっぱそうだよね!!!とシェアできたり
後は、これは言ってもいいけど、これはやめておこう、とか、
そういうへんな気遣いもしなくていいし、
そしてやっぱり、長くお付き合いが続いている相手というのは、
根っこのところの価値観みたいなものが、やっぱり似ていたり同じだったりで、
そういう意味でもとても気が楽というか。
わたしにとってはなにしろありがたい存在です。
ただでさえ人づきあいが苦手なので余計に。
まぁだからといって、しょっちゅうベタベタするわけでもなく
たまに、それこそ、1年に1度とか、2年に1度とか、
そのくらいの頻度で会えれば十分だったりもして。

けどでも、
なんでもそうだけど、続くのにもやっぱり理由があって
そういう根っこのところの価値観であったり
そんなところがある程度シェアできないと
難しいよなって。
もちろんこれまでも様々な人との出会いがあったし
それなりに親密になった人はその時その時でいたけれど、
それはそれでその時必要な人ではあったのだけど
どこかのタイミングで縁が切れてしまったりする人も中には当然いるわけで、
その中には自然に切れたものもあれば、
自らブチっと切ってしまった相手もいて
まぁでも、それが悪いというわけではないけれど、
そんな中でもやっぱり長くずっと続くというのは、
ちゃんとそこには理由があるのかなぁ、
なんてことを思ってみたり。
年とともに、無駄な人づきあいに時間を使いたくないし、
たくさんの人と関わりたいとも思っていないので
数少ない人を、大切にしてゆきたいなと、思います。
まぁ、大切にしたいと思っていても、切れるときは切れるんですけどね。
でもだからこそ、大切にしたいです。
ある程度の年齢に達してから
むやみやたらに交友関係を広げているようなものをみかけると
わたしはそういうのはいいわ。あーそーゆーのはちょっと無理だなぁ、
なーんて、思ってしまったりもします。
知り合いにはなれても
深い間柄にはそうそうはなれないし
単なる知り合いが多ければ多いほど
それと同じくらい煩わしさも増えると思っているので。
うーん。無理!


というわけで。
実はわたし、何を隠そう(いや別に隠してないけど)
乗り鉄なんですよ。コアではなくプチっと。
プチ乗り鉄。
鉄道が大好きなんです。
あとバスも。
だからなんだって話なんですけどね 苦笑。
乗り物に興味のない人にとっては実につまらない話ですいません 苦笑。
とにかく公共交通機関が大好きで。
聞いてもらえるなら、乗り物話、じゃんじゃんしちゃいます。
もう大好き。
ちなみに乗り鉄とは↓

乗り鉄」とは、列車に乗車することを愛好する人たちのことを言います。 その中でも、車両による特徴の違いを自ら乗ることで確かめたい人や、鉄道での旅を楽しみたい人、より多くの路線へ乗ることを目指す人など、目的によって様々なタイプの乗り鉄がいます。

山陽新幹線の終点は博多駅。
九州新幹線だと次の駅は新鳥栖、
なんですけど。
実はその先に
「博多南」という駅があるんですよ。

しかもなんと!
博多から博多南までは300円で新幹線に乗れちゃうんです。

そう。
博多南は新幹線の車両基地なんですねー。
こんな風にズラっと新幹線が並んでます。

この景色を見るだけでウキウキしちゃう。
さらにその区間は全席自由席。
まぁ乗ってる時間は数分間なんですけど、
乗り物好きにはたまらない区間なのであります。

子供にちょっと新幹線に乗せてやりたい、
とか、そういう時にも意外と使えるかもしれません。
まぁ本数があまり多くはないんですけど、
けどでもちょっと楽しいです。
行って帰ってくるだけでも往復たったの600円!
(いや、だからって乗らないか 苦笑)

そんな博多南に住む友人に、約2年ぶりに会いに行ってきました。
お互いの近況報告などなど。

そんなにしょっちゅう会えるわけでもなければ
次にいつ会えるかもわからないのだけれど
また会える日を楽しみに。
また日々を過ごしてゆきたいなと思います。


めちゃくちゃ寒い二日間でした。

スポンサーリンク

-blog, おすすめスポット, お役立ち, 気づき
-, ,

Copyright© oriestyle , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.