blog 気づき

嫉妬心と未来手帳

スポンサーリンク

寒い朝です。
相変わらず頭の中をぐるぐるぐるぐるといろんな考察が飛び交って
雑念だらけの毎日です。
おはようございます!

そんな中。
最近やり始めたことがあります。

わたしにはずっと夢があって、
夢というか、なんというか。
でも、その「なりたいもの」をはっきり口にして言うことへの
ためらいなんかもあったりして。

人に夢を語った方がいいのか
語らない方がいいのか。
それはちょっと、叶ったことがないから、分からないんですけど、
けどでも、人の想念とかって意外と関係していると思っていて。

例えば何かが本格的に決まる前に、嬉しがって人に
もうすぐ〇〇になるかもしれないんだー♪
なんてことを軽々しく口にしたりしたら、
その後なぜかわからないけど、ダメになった。
みたいなことって、意外とあるような気がしていて。
それってなんとなくだけど、これはほんとにそうかどうかはわからないけれど、
人の想念みたいなものが、関係してるんじゃないのかなって思ってて。
だからこそ、ほんとに決まるまでは口外しない方がいいというのが
私の中の一つの決まり事だったりします。
そんなおおげさな、と思われるかもしれないんし、
これはあくまで私の中の価値観なので、
んなことあるかい!
という人は、スルッとスルーしてくれたらいいんですけど。

どうでもいいようなことならいいけど
(今日の夜ごはん〇〇食べる予定ー、とか。
極端に言えば人にうらやましがられないようなこと。
そうならなかったとしても、まぁ別にいいようなこと)
なら全然かまわないけど、
そうではなくて、
うまく言えないけど、
人の念が入らない方がよさそうなこと。

ほんとに決まるまでは何があるかわからないようなこと。

結婚とか契約とかもそう。

そういうのは、ほんとに決まるまでは安易に言わない方がいいのかなと、
個人的には思っています。
夢もしかり。

これは以前保険の外交の仕事をしていた時にもよく思っていて。

あの世界もほんとうに独特で。
なんだかんだ「嫉妬」の世界だったりもするんですね。
まぁ契約=収入(お金)に、直結しているわけなので、
もし仮に、大きな契約を取ったとして、
「よかったね」と言われたとしても、腹の中なんて正直わからないですから。
それって上の人は嬉しいかもしれないけど
同僚とか、少し上の先輩とか、そういう人たちって
やっぱり面白くなかったりするんですよね。
その中で突き抜けてたら別ですよ。
もうあの人にはかなわない、くらいになっていれば別の話で。
まぁでも突き抜けていたとしたら、それはそれで、その位置にはいないだろうしで。
で。話を戻して。
例えば
そういう環境の中で、
もしかしたら〇〇が決まるかもー。
みたいなことを安易に口にしてしまったら
以外とその後ダメになる、みたいなことってちょいちょいあって。
え。やっぱりこういうのって人の想念とか嫉妬心とかなんじゃないのかなって。
だから言わない方がいいのかなと。
まぁ目には見えないことなので、絶対そうとも言い切れないんですけど。

もちろんそれが絶対とも思っていなくて。
例えば叶えたい夢なんかも、じゃんじゃか口にした方がいい場合も、
もちろんあるのだろうと思うんですけど、
これはある程度「素直に応援してくれる人」がいる場合。

でも、意外と人の夢に関しても、
素直に応援できる人って少ないような気がしていて。

そんなの無理に決まってる
とか
何言ってるの
とか。

で。
それって気持ち的にも足を引っ張られてしまうと思うんですよ。

何かをやろう!
と、思っていても、最初っから自身満々の人なんていないし
そうはいっても
そんなのほんとにできるのかな、と弱気の部分もあったりで。
そういう足を引っ張ってくる相手に対して
よっぽどの強い意志があれば跳ね返したりもできるんでしょうけど。

なんだかんだ世の中は嫉妬心であふれている

と。
わたしなんかは思ってしまってるところがあるので
そういうことは、よくよく考えて口にしないといけないなと、
思っています。
後は、言う相手をきちんと選ぶってことも、大事。

表面的には応援してくれてるようなふりして
実は腹の中では気に入らないって人もいるだろうし
またその逆で、
素直に全力で応援してくれる人ももちろんいるわけで

どんだけ疑い深いんだ!と、思われちゃいそうな話なんですけど。

でも。
なんだかんだ
嫉妬心であふれかえってますからね世の中は!
優しいふりして近づいてきて
その優しさに一瞬でも甘えたり弱みを見せたりしたら
ほらみたことかと、餌食になってしまう。
みたいなことも、なくはないと思うので。

甘い言葉や優しさに、
足元救われないようにしてゆきましょう。
一度口から出した言葉は、
もう二度と戻せないから
なるべく余計なことは、言わないが勝ちです。

とはいえ
言わなければ言わないで
誤解も生みやすいので、
それはそれで難しいところなんですけどねぇ。


ものすごく久しぶりに今年は手帳を買いました。
「夢をカタチにする未来手帳」


手帳を使うのはものすごく久しぶりです。

夢を人に語ることよりも、
こうして誰にも見られないところに
せっせせっせと書き出すのが
いいような気が、今はしています。

スポンサーリンク

-blog, 気づき

Copyright© oriestyle , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.