blog ファッション 気づき 買ったもの

その人のせいじゃないことを安易に言ってはいけないとメルカドバッグ

スポンサーリンク

仕事行かなきゃ、と思うと、
いつまでも寝ていたい・・・起きるの嫌だー・・・
てなるのに、
行かないとなると、やたらと早く目が覚める。
あれ、わたし、こんなに早起き出来るんだ!
て。
何かしていないと落ち着かないというのも、
大いにあるとはおもうんだけど、
なんなんだろう。天邪鬼だなぁ。
まぁでも早起きはいいことだし、
行かないからって不規則な生活はよくないので、
きちんと規則正しい生活を心がけてます。
自律神経のためにも、規則正しい生活はきっと大事。

せっせせっせと掃除をしていると
あ。これ書こう。あ。こんなことも。
と、不思議といろいろ湧いてきます。
基本的に夜のテンションより、朝のテンションの方がいいし
思考もクリアな気がするので、ブログはなるべく朝書くように、
ここのところ習慣づけているところです。
なんでもそうだけど、一度習慣づけてしまうと、
今度は「やらないこと」が気持ち悪くなってくるので
そうやって自分にとっての良いことを習慣づけていきましょう♪
そしてせっかく湧いてくるし時間もあるので
この際なので思いの丈を、じゃんじゃか書いてゆきたいと思います。


さて今日は。
言う必要のないこと。
その人のせいじゃないことを
いくら冗談や悪気がないとはいえ、言ってはいけない。
というお話を。
書いてみたいと思います。

もう。
考えれば考えるほど、
お掃除してたらムカムカしてきたんですけどね。
怒りのエネルギーを放電してたらすいません☆

例えば
30代独身女性に、結婚しないの?彼氏いるの?
とか
結婚して何年か経ってる夫婦に、子供は?
とか
子供が一人だけの人に、二人目は?
とか。
なんか、そういうこと。

無神経に興味本位で悪気なくきくことは

ダメ
絶対

まだ物事の分別のつかない子供が聞くのならまだしも、
そういうデリケートなことを「悪気なく」聞くことって
大人としてものすごくデリカシーに欠けます。

でも案外いるんだなぁこーゆー人。

表には出さない、いや、出せないけど、心の中ではものすごく悩んでいることかもしれない。
でも、出すわけにはいかないから、明るくふるまってるだけかもしれない。
もしかすると、長く付き合ってた彼氏と別れたばっかりで、
今たまたま彼氏がいないだけかもしれない。
もしかすると、その別れた傷がまだ癒えてないかもしれない。
別れた原因も、もしかするとなかなか受け入れられないことかもしれない。
けどでもそんなこと容易く口にできないから、
悟られないように、なんとか頑張って明るくふるまってるだけかもしれない。
そしてもしかすると、家に帰ってまだ泣いているかもしれない。
てゆうか外でそれ出したところで、あなた解決してくれるわけ?
もっと言うと、悪気なく冗談で言う必要ないことを言ってきた人に、
真剣にまじで答えたとしても、それを真摯に受け止める器など
あなた持ってませんよね?それどころか内容重すぎたら怯みますよね?
てね。思うんです。

で、頑張って明るくふるまっているし、別れた原因も決して自分のせいではないのに、
例えばお互い好きだったのに別れざるを得ない状況になってしまった、とか、
なのに、いちいちそんな理由言いたくないし、言う必要もないから言わないだけなのに、

なのにー
なのにー

事情を知らいな人やデリカシーのない人に限って
表面的なことしか見ない(というか、見れない、残念!)から

「30代で独身で彼氏もいない人」

というレッテルをはって、
なんとなくそういう人扱いを受ける。
さすがに
「あなたって30代なのに結婚も出来なくて彼氏もいなくてかわいそうね(まぁこちらは結婚してますけどね マウント)」
なーんてことを直接言ってくる人はまぁそんなにいないだろうけど、
けどでも、なんとなく、そんな風な空気感にさらされちゃったりだとか。

するんですよね。
ないですか?そういうの。
めっちゃあるあるだと思うんですけど。どうでしょう。

でも、正直そういうことって、めっちゃ傷つきますからね。
気にしてることならなおのこと。
悩んでいることならなおのこと。
特に悩んでる時だと、普段なら聞き流せることでも
そんなに簡単には流せませんからね。

で。
言われた方が思い余って
「実は傷ついてます」
みたいなことを言ったとしても

冗談だよ
とか
悪気はないんだから
とか
そんなことで?
とか
あとは、こんなこと言われたと
安易に第三者に言ったら
そのくらいで?
とか
聞き流せばいいのよ
とか
まるで他人事のように言われて
ますます傷口に塩ぬられたりだとか。

そういうデリカシーのないことを言う人って
そもそも悪気がないから相手が傷ついてるとも思ってなくて
(傷つけると思ったらいえないけどね。そもそも論)
それを指摘すると自分の非を認めたくないから
へんな言い訳したり
そんなことで怒らなくても
とか
聞き流せばいいものを
とかとかとか

いやいやいや。
言う必要のないことをわざわざ言われて傷ついたこっちが悪いんか?
聞き流せないこっちのせいなのか?

て。
そりゃないっす。

本人のせいじゃないことを悪気もなく冗談だったとしても
それをわざわざ言ってくる方が明らかに悪い

てゆうか

そもそも言う必要ないこと言うな

て。
思うんですけど。

当たり前だけど
人って言わない、いや、言えないだけで、当たり前だけどいろんなもの抱えてますからね。

そんな想像力もないようでどーすんの?

て、思います。

まぁそもそも、そういう想像力を働かせる必要のない環境にいるから
上の例だと、本人は結婚してるから結婚してない人の気持ちなど到底わかるはずもないわけで。
だから、分かるはずもないんだけど、
けどでも、
人として社会人として、
そしてどんなに親しくても
相手が打ち明けない限りは

踏み込んではいけない領域

って必ずあるから
そういう距離感ってものすごく大事だと、思います。

そういうので傷ついて、例えば外に出るのが怖くなっちゃったり
心を壊しちっゃたり、
したとしても
そういうデリカシーのない人は、まぁ、気が付きませんからね。
で、それを言った人は何も失わないで
言われて傷ついた方が
心が傷ついたり、仕事ができなくなったりで
いろいろ失っちゃう
みたいな、社会の図式。
もうこういうのが
わたしは
ほんっっっっっとーーーーに、腹が立ちます。

なんで失うのがこっちやねん!
と。

こういう変な社会の縮図みたいなものは
ぜひとも撲滅させてゆきたいです。
激熱。

ほんまにそーゆーのどーにかならないもんですかね。

てことで。
上に書いたことは、例え話で書きましたけど
言われた内容は全然違いますけど
先日わたしにもそういうようなことがありまして

あまりにもあまりにも頭にきて
カッチーンときて

でも。
感情的になってはいけないと
いったんはトイレで冷静になって
でももう辞めるし、
やってられんわってなって、
「ちょっと具合が悪いんで・・・」と言って
帰らせてもらい
そのあとまた家で心を整えてから

「もう無理です、行けません。今日限りで」
と電話でそのまま退職したのはこのわたしです。
かいつまんでかくとそんな感じです。

もう辞めるからできたことでもあるんだけどね。
それまでは、わたしなりに、そこは大人なんで
多少のことがあっても、折り合いつけてきてたけど、
もうそれにも限界がきて。

まぁ
そういう感情がわくことは、わたしの人生一度や二度ではないし
(むしろそういうのばっかり!自慢にならない)
そういう意味ではわたしはそれに凹んで外に出られなくなる、
とかも今さらもう多分ないし、
そんなのより、もっとキツくて辛いこともあったから、
だからまた立ち上がって生きていけるだけの精神力はなんとかあるけど
(それでもだいぶ傷つきますけどね)
けどでも。
世の中にはそういう些細なことがきっかけで
外に出られなくなってしまうような人も
おそらくたくさんいるだろうから
そういうことを考えると
もうなんだかものすごくムカムカしてきたので。

で。
たいがいは、心の優しい人たちだったりするから(わたし除く 苦笑)
言ってきた相手を責めるんじゃなくて
わたしが悪かったから・・・
なーんて、自分を責めちゃったりだとか
してるのかもしれないって思うと
なんかますますムカついてきて

そんなんどう考えても言う方が悪い

て。
思ったので書きました。

いやいやほんとに。
そういうのまじで撲滅してほしい。
だっておかしいじゃん。
切実。
て。
ここではこんな風に偉そうに吠えてますけど
なかなか毅然とした態度で立ち向かえないのも事実なんですけどね。
書くだけかぃ!←



娘が誕生日に買ってくれました。
メルカドバッグ。
こちらで買いました。


メルカドバッグはメキシコのカゴバッグです。
去年の夏に、たまたま↑のレトラさんの催事で出会ってときめいて。
今回で2個めです。

今回のはXSサイズ。
グリーンのはMサイズ。
せっかくなのでポンポンを作ってみたくなって作り方からいろいろ検索。
ダイソーにポンポンメーカーなるものがあるとの情報をゲット。
さっそく買いにいきました。

簡単にポンポンが作れるアイテムです
毛糸もダイソーのカラフルなものを。
このあたりを参考にしてみました。
こういうのは、海外の人の方が、色合いがカラフルで楽しいです♪

例えばインドなんかもそうだけど、こういう
「暑い国」のものって、なんだかそれだけで気持ちが元気になるから不思議。

軽くて使いやすいメルカドバッグ。
もしよかったら♪

スポンサーリンク

-blog, ファッション, 気づき, 買ったもの
-, , ,

Copyright© oriestyle , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.