blog お料理 気づき

向いていることの見つけ方

スポンサーリンク

立春ですね。
暦の上では春です。
どうか良き一年となりますように!(祈!超祈!)


自分には何が向いているんだろうとか。
誰でも一度は考えたことがあると思うんだけど。

いきなり「向いていること」が見つけられたらいいけど
よっぽど「それしかできない」みたいな人じゃない限り
意外とすんなり見つけられないんじゃないのかな。

だから
「向いていること」を探すことよりも
「向かないこと」「向ていないこと」をやってみることの方が
より「向いていること」を見つけやすいのかもしれない。
て。
思います。
そっちの方が意外と近道かも。
急がば回れ
じゃないけれど。

そりゃあいきなり「向いていること」が見つかれば言うことはないけど
意外とそんなにすぐに見つかるものでもないのかなと。
自分のことって、分かってるようで案外分かってないから。

なんにしても、頭の中で考えていても始まらないし
「やってみないとわからないこと」だから
動いて行動して体感してみるしかないのだけれど

頭の中であーだこーだと考えていても
いざ実際経験してみたら
あら。
これ向かないかも
これ向いてないわー
とか
また逆に
向いてないと思っていたけど案外向いてるかも?
ていうのも、当然あるとは思うし。
だからとにかく
やってみないとわからない
ので。

まずはあまり深く考えずにやってみる

ということが何よりも大事
考えてからやるんじゃなくて
やってみてから考える

案外
「向いていないこと」に出会った時の方が
「向いていること」がより鮮明になるから
「向いていないこと」に出会えることは、実はとても貴重でありがたいことなのかも。
向いてないことが分かってラッキー♪くらいな感じで。
それに「向いてない」とわかったら、もう二度とそれをやらなければいいわけで、
だから同じ失敗を繰り返すこともおそらく少ない。
それって時間短縮にも繋がるじゃないですかっっっ!

何が向いてるんだろう
て、
頭で考えたり
「向いてること」をピンポイントで選んでいくより
まずは何でもいいからやってみて
それで
向いてないことも経験して
消去法で
「向いていること」に近づいていく
という方法も、いいんじゃないかなーて。

これは47年生きてきて、
数々の転職を繰り返してきて
ようやくわかったことです。
遅いのか
早いのかは
わかりませんけど、
けどでもそれも
やってみたからわかったこと
経験したからわかったこと
なので
わたしにとってはとっても大事な経験です。
そして、
同じ失敗を繰り返さないように
これからの人生に生かしていけたらいいなと、思います。
向かないとわかってるのにまた同じことやる
なんてことがあったら
もうそれはかなりのお馬鹿さんだし
経験を全然生かせてないことにもなるのでね。
(なのでたぶんわたしはもう二度と結婚はしない。余談ですけど!)
そしてあとは
向いていないと分かっていることを
歯を食いしばってやりつづけるような忍耐力は
わたしにはないので、できればそれは避けたい。
(だからたぶんわたしはもう二度と主婦はしない。余談ですけど!)
それでも構わない、という人は、それはそれでいいと思うけど
限られた人生の時間の中で、向かないことを必死でやるより
出来ればわたしは自分に向いていることに時間とエネルギーを費やしたいです。
そういうところはとても貪欲。
もちろん、やってみて向かないからってすぐにいい加減に放り出す、とかではなく
自分の中である程度までは必死にやってみる、ということは必要かなと思いますけど。

というわけで。
向いていることを探している人がもしいたら
何かしらの参考になると嬉しいなと思います。

とりあえず
頭で考えるより
いろいろやってみる

というのをおすすめします。

それは必ず自分の経験になるし
経験こそ宝!なのでねー。


昨日のお昼ごはん。おうち時間が増えたから、せっせせっせとお昼ご飯づくり。
カルチジョリムとケランチム。

韓国料理です。
カルチジョリムは大根と太刀魚の辛い煮つけ
ケランチムは韓国の茶わん蒸しです
ケラン→たまご
チム→蒸す
この組み合わせがテッパンです。
韓国の南大門のほそーい路地を入っていったところには
カルチジョリムのお店がたくさんあるところがあります。
それはなかなかディープなところ。
韓国人はだいたいこの組み合わせで食べてました。
ケランチムが辛さを和らげてくれるらしいです。
もうほんとうにおいしい♪
ちなみにこの本を参考に作ってます。
なかなか年季が入ってる!
お料理本はボロボロにして使うのがすきです。

ものすごく簡単に作れるので
辛いのがお好きな方はぜひー。


 

スポンサーリンク

-blog, お料理, 気づき
-, , , , ,

Copyright© oriestyle , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.