blog 気づき

言わなければいいというものでもない

スポンサーリンク

さて今日は節分ですね。
今夜はキンパでも作ろうかなと、思っています。
キンパは韓国の海苔巻きですよ。


ところで恵方はどっちなんだろう。
恵方巻というものに、正直あまり興味はないのだけれど
今年はちょっと無言でもぐもぐしてみようかなと思っています。
豆もたくさんまいて、まきまくって、鬼退治!
でも。
生きていく上では鬼も必要だと思うから
だから、
鬼を退治するというよりか
「邪」を祓ってゆきましょう。
鬼は必要だけど「邪気」はいらない。
みなさんも、「邪気」に飲み込まれないようにしっかり守ってゆきましょう。
人の念とか邪気って、怖いですからね。

 


ここぞという時に、意見を言わない人って、いるじゃないですか。
無言の人。
それってずるいなーって。
思うんです。

意見がないから言わないのか
面倒くさいから言わないのか
何も考えてないから言わないのか

いずれにしても、とてもずるい。

いつもいつも意見ばかりするのは
それはそれで「意見」を通り越して「自己主張」になりかねないけど
でも、
ここぞっていう局面であったり、
言わなきゃいけないような場面や立場であるのに
言わないって、どうなのよと。

「わたしはこう思います」
と、ちゃんとした局面や場面で、
きちんと言うことってすごく大事だし、
言わないことってある意味逃げだよねと。

言わなければいいものでもないし
言わなければその場は丸くおさまるのかもしれないけれど
それでも
言わない人っていつも言わないから
正直
何考えてるかわからない。

何か考えてるけど言わない、言えない、のならまだしも
もしかすると

ただ単に
なんにもかんがえていない

のではないかしら、と。
だとするなら、ますますずるい。
いや。ずるい通り越してヤバイ。
社会人としてヤバイ。

ねぇちょっとは考えたらどうなのよと。

そして何考えてるかわからない人って、
ある意味ちょっと怖い。

だからといって、
意見を押し付けるとか
喧嘩を売るとか
そういうのではなくて

大事な局面
ここぞという時には
きちんと自分の意見を言える大人でありたいなと。
わたしの意見こそ正しい!
という主張ではなく
「わたしはこう思います」
というような。

いっつもいっつも
ピーチくパーチク言うのはあまりよくないけど
言う時は言わないと。
いけない。人として大人として。

で。
言わないということは、すべて了解しています、
ということでもあると思うから、
全てOKですってことなんだと思うから、
だからその分愚痴や文句は言うべきじゃないと思うけど
これがなかなか。
言わない人に限って
愚痴とか文句が多かったりするのよね。

だったら言えよ

と。
言いたいです。

言わないことへの責任もちゃんととってくださいよと。

言わない、もしくは言えないんだったら
受け入れる
受け入れられないんなら
きちんと言う

という当たり前のことを
きちんと身に着けておきたいです。
自戒も込めて。


邪気払いにどうぞ♪

 

スポンサーリンク

-blog, 気づき
-

Copyright© oriestyle , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.