blog 気づき

嘘について

スポンサーリンク

嘘について。
今日は書きます。

嘘には、
ついていい嘘と悪い嘘があると思っています。
だいたい普段人と関わる中で
まったく嘘のない人なんて正直存在しないと思っているし
わたしは嘘をつかない
というその発言こそがすでに嘘なんじゃないの、
なーんて思ったりもするわけなんですけど。

もちろん正直さも必要ですけど
生きていく上で嘘も必要で、
嘘は悪だとも思っていません。

ちなみについていい嘘というのは
それが露わになることで誰かしらが傷つく恐れのある時。
何かを守るためにつく嘘。
すべてを正直に言えばいいというものでもなく
状況や立場などなどから
つかないといけない嘘
というのも存在します。

反対に
誰かを陥れようとする嘘であったり
自分の過ちを認めたくないが故の嘘
いわゆる「保身」のための嘘も存在します。
わたしはこの嘘が大嫌いです。
まぁ、
わたしに限らず
そんなものが好きな人はいないとは思いますが。

許せる嘘と
許せない嘘
受け入れられる嘘と
受け入れられない嘘

一見ひどそうにみえても
まぁその状況、その立場なら致し方ないな
と受け入れられる範囲と
ちょっとそれはどうやっても受け入れられないわ
というものと

わたしは不器用な人間だし、そういうところは潔癖なところがあって
そういう保身的な嘘が、とにかく受け入れられなくて。

そうまでして守らないといけないものは一体なんなんだろう


冷めた目で見てしまいます。

そしてもっとひどいのは
自分がその嘘をついていることに気が付いていないこと
無意識の保身。
だから、その嘘によって誰かが困ることになる、というようなことも
当然理解できないわけで。
これが一番タチが悪い。

意識してつく嘘はまだいい。
けど、
何が一番たちがわるいって
無意識のそういう嘘だと、わたしは思います。
なぜならそういう無意識の嘘には、どうやっても太刀打ちできないから。
悪気がないし、意識していないから。

意識してつく嘘に対しては、もしかすると
「そんなことはしないでほしい」といえば、多少の良心のある人間なら
そこでもしかすると「ハッ」とすることもあるかもしれないけれど
無意識の人は、そもそも自分が間違ってると思ってないだろうし
ついた嘘さえもわかってない。
であるが故に相手がそのことで嫌な思いをしているなんてことも
とてもじゃないけど想像ができない。
嘘をついたと思ってないから。
よくあるのが
「言ってくれたらよかったのに」
ていうのがあるけど、
それは「そもそも論」であって、
そんなことをこちらから言わないとわからないことなんですか?!
てゆうか
それがわかってない時点でもうだいぶ終わってますよ
と、
声を大にして言いたいです。
そんな小さな子供でも分かるようなことを
わざわざこちらに言わせるんですか?
と。

そして、
そういう無意識の嘘をつく人というのは、
悪気がないから繰り返すし、
おそらく気が付くこともないような気がします。
ただでさえ大人になればなるほど、周りは注意してくれないのに、
「そもそもわかってない人」相手に、大の大人はなかなか注意などしてくれないから。
だから、気が付くきっかけさえもないわけで。

じゃあどうすればいいのか。

そういう人に出会ったら、
逃げる
離れる
しかないと、
わたしは思ってます。

悔しいけどね。

だけど。
真実はひとつなので
そこは、
そこだけは
自分の心に後ろめたさのないようには
しておきたいなと思います。

天の神様はみてる!

という感じでね。

それにしても。
気が付かないくらい幸せなことはないなと思います。
気が付かないってものすごく痛いけど
ある意味幸せだよなぁ~と、
よく思います。
まぁでも気が付いてないから反省もなければ成長もないとは思いますが。
あぁやだな。そういうの。

 

そんなつまらない小さな嘘で保身するくらいなら
とことん悪者になった方が全然マシだし
どうぞ悪者にしてください。
てね。
思っちゃいます。
その嘘を見ないふり気が付かないふりして折り合いつけるくらいなら
悪者になるほうが全然ましですよ。



クリスピークリームドーナッツの期間限定販売にたまたま遭遇!
わーいうれしいな♪

ミスドも好きだけど
クリスピークリームの
オリジナルグレーズドはやっぱりおいしい♪

少し温めて食べました。

 

 

スポンサーリンク

-blog, 気づき
-,

Copyright© oriestyle , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.