blog 気づき

47歳からの本気の自立。プレゼントは神様と仏様。

スポンサーリンク

わたくしごとですが、本日47歳になりました。

勝手なイメージですけど、

46歳より

47歳って

なんか

ちょっと

オバさんっぽくないですか?

なんだろう。47歳ってなんとなく中途半端なイメージです。あくまでイメージなんですけど。

だからなんなんだって話ですけど。

そんな47歳の目標はただひとつ

自立

です。

はて。

では自立とは、どういうことを言うんでしょうか。教えてGoogle先生!

Googleで「自立とは」と入れたら

一般的に言えば、人が自立するということ、「毎日の家庭生活、社会的生活に必要な動作・行動が全て自主的に行え、生きていくのに必要な財貨を得るための経済活動も支障なく実施できている状態」を指すのでしょう。 言い換えれば、自立とは、「他者の援助を受けないで、自分の力で身を立てること」定義されます。

と出てきました。

なるほど。

この内容で行けば、

後半の部分。

「他者の援助を受けないで、自分の力で身を立てること」とありますが、わたしが目指すのはそこです。

ここ最近の出来事で、より一層、他者を頼らない生き方を目指してゆくことが、わたしにとっては必要な課題なのだということを、ひしひしと感じておりまして、これまでも何度も、そうかも?そうなの?え。やだ無理、誰かー!

て。

見て見ぬ振り、感じないふり、出来れば逃げたい、てゆうかそんなの受け入れられない!そんなはずない。なーんて思っていましたが、あぁやっぱりそうですか、そうなんですか、そういうことなんですねと、受け入れざるを得ない状況が起きてきて、もういいかげん本気で腹を括らねばならんのだなと。

けどでも、もし仮にそれが叶ったとするなら、

こんなに強いことはないのではないかしら、

とも思うわけです。

なんだかんだ最終的には人はひとりだから、だから、しっかりと自立することができたなら、もうそれはある意味最強なんじゃないかなと。ただおそらくその道のりは、そんなに容易くはなくて、これまたわたしの苦手とする、弛まぬ努力というのも、必要になってくるわけで。

いやいやいや。

人生ってほんと、無理難題や自分の弱さや課題を、これでもかってつきつけてくるよねぇ。

どーせーちゅーねん。

つよくなろう


自分への誕生日プレゼントは

神様と仏様。

我ながら渋いわぁ。

けどでも。

わたしにとって

神様も仏様も、心の拠り所でもあるから、

依存とかではなくてね。目に見えないからこそ、答えを自分で探ってゆくしかないのだけれど、そこから心を離さない努力は、していたいなと思います。いつも心をクリーンに保てれば良いけれど、わたしはすぐに穢れてしまうから。

というわけで。

歳を重ねても、正直中身は全然変わらないけど、
どんな経験も無駄にするようなことだけは、
したくないなって思います。
経験を、活かすも殺すも自分次第!

てことで。

47歳の誓い。

スポンサーリンク

-blog, 気づき
-

Copyright© oriestyle , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.