blog 気づき

必死すぎると見えなくなるけど必死になることも必要だなと

スポンサーリンク

必死すぎて見えなくなることって、やっぱりあるなぁって。
でも。
ふと立ち止まって客観的に見渡すと

あれ
あれれれれれ
なんだこの世界は

と、
今まで見えなかったものや
必死すぎて見えなくなっていたもの
もしくは
うすうす感じていたけど
「必死さ」の方が勝っていて、
スルーせざるを得なかったもの

などなどが見えてきて。
じゃあそれが見えた時どう思うのか。

それが分かった上で
その中で折り合いがつけられるのか
それとも

え。ちょっとまって。
わたしこんな世界にいたの?!
やだちょっと無理かも

と思うのか、それは人それぞれだとは思うんだけど
それを感じるためには
やっぱり何かしらの心の余裕みたいなものは
必要だなぁと、思います。

けどでも、
なんでもそうだけど、最初っから心の余裕なんてないし
やっぱり「必死でやる」ということも、ものすごく大事だと思うし
「必死でやったからこそ」見えてくるものもあると思うから。
だから

必死でやることも
ふと立ち止まって見渡すことも
両方大事だなって思います。

これは例えば恋愛なんかにも言えると思うんだけど
好きすぎて見えなくなることってやっぱりあるし
そんな時はいくら周りに「やめとけ」と言われても
盲目すぎるから全然周りが見えなくて。

うるさいほっといて
とか
わたしの好きにさせてよ
とかとかとか

けどでも、
ふと冷静になったり
ある時突然冷めてしまったりしたときに

なんであんなに好きだったんだろう

え。ちょっとまってありえないんだけど。

とか。
そういう経験って意外と誰にでもあるような気がするのだけれど。

とにかく

ふと立ち止まることも必要だし
客観的に俯瞰して見渡す余裕も必要だなと。
そしてそれから第三者の意見に素直に耳を傾けることも大事。

そしてその中で自分がどうしたいのかを冷静に考えることも
人生には必要だなぁと、思います。

そして

ある時ふと冷静になってそれに気が付いてよくも悪くも違和感を感じた時は
また違うステージに進む時期でもあるような気がします。
だから
ある意味喜ばしいことでもあるのかなと。

ミッション達成したから次のステージに進みなさいよ
というサインだったりとかね。

だから
そのタイミングとか気持ちの違和感は
見逃さないようにしたいなと思います。


昨日のお昼ごはん。
ハンバーグドリア。

 

 

この動画を参考に作ってみました。

↑の動画は、市販のお惣菜を使っているけれど
わたしはケチャップライスを作って下にひいて
試しに市販のやすーいハンバーグを買ってきて
さらに
ホワイトソースを作って
チーズたっぷりかけました。

ホワイトソースって面倒なわりに
なかなか上手に作れないので
試しにこれを使ってみました↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

味の素 パスタソース ルーミック ホワイトソース 48g×3個
価格:356円(税込、送料別) (2021/1/26時点)

これは簡単!
なかなかおすすめです。
もしよかったらー。

スポンサーリンク

-blog, 気づき
-, ,

Copyright© oriestyle , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.