blog

年始の座右の銘のススメ

スポンサーリンク

さむい。

さむいさむいさむいさむい。

なんだか今年は例年より寒くないですか?

気のせい?

何しろ寒いのが苦手なので、寒さが体にこたえます。

せっかくの3連休だというのに、

今朝はちょっとした拍子に腰を痛めてしまい、

なんだかなぁ・・。もーぅ・・・。

明日も寒くなるようなので、みなさまもどうかお気を付けください。


というわけで。

2年くらいまえから、

年始にその年一年心がける言葉をきめるようになりました。

何にしようか考えまくって決めるというよりか

その時ふと目にしたものやなんとなく気になったものにするようにしています。

何かことあるごとに、その言葉を思い出して、そして意識するようにすると

不思議とその言葉に助けられたりするような気がします。

まぁ、気の持ちようなのかもしれないですけど。でも。

わたしにとってはなかなか効果的なので、今年も継続してゆきます。

ちなみに

2019年は    「初志貫徹」

2020年は、「過ぎたるは猶及ばざるが如し」でした。

2019年は、迷ったときは「初志貫徹」を思い出し

2020年は、あまり行き過ぎないように心掛けたり(とくに口)していました。

そして今年、2021年は

「人事を尽くして天命を待つ」

です

人事を尽くして天命を待つとは、人間の能力でできる限りのことをしたら、あとは焦らずに、その結果は天の意思に任せるということ。

今年はこの言葉を意識して過ごしてゆきたいなとおもいます。

基本的にせっかちだし、

すぐに焦ったりすぐに結果を求めてしまうところがあるのでね。

できることをやって、あとはすべて天におまかせ、くらいの心持で過ごしてゆくのがいいのかなと。

今やれること、今できることを精いっぱいやるしかないし

それしかできないし、

結果は自らでコントロールできないから。

そして、天命について、あーだこーだと思い煩うこともないようにしたいものです。

(ここ大事)

なんで

どーして

もー・・・

なーんて、わたしはすぐにおもいそうなのでね。

ついつい、自分にとってのよい結果、自分にとってのよい流れを、壮大に期待してしまうところもあるので(クレクレ星人)

どんな結果も甘んじて受け入れますよ、くらいの心持でいたいなと、ここに、あえて、宣言しておきまっす!

まぁ、一見その時はあまりよくないように見えても、何事も後になると、あの時はあれがベストだったのだと

思うことばかりなので、なんだかんだでその時の結果がすべて最善なのだとわかってはいるんですけど、

その時は先のことはわからないから、ついつい、なんで・・・どーして・・・なーんて、思ってしまうんですよねぇ・・。

とほほほほ。

人間万事塞翁が馬ですよ。

 


というわけで。

一年の指針のような感じで、何か一つ、その年に意識する言葉を

決めてみるのもいいのかなと思います。

自分で決めた言葉に、何かしら助けられることがある、かも、しれないです。

もしよかったら!


今日のお昼はまたまたスパイシーなもので♡

ほうれん草とひき肉のカレー。

盛り付けも本のまねっこしてみました。


やばい!
おいしい!

無事においしくできました。

印度カリー子ちゃん、ほんとうにありがとう。

ただ、もうちょっと辛くてもよかったかもしれないです。


あーもー寒い・・・。

ひつこいようですが

どうかみなさま、体調などくずされませんように・・・(おまえもなー)

 

スポンサーリンク

-blog
-, ,

Copyright© oriestyle , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.