blog

相手を思いやる気持ち

スポンサーリンク

書いては消し。

書いては消しの繰り返し。

だーーーっと書けるときと

うーーーんと悩むときと。

毎日いろんなことをおもったり考えたり感じたり、しているにも関わらず

いざ言葉にするとなると、相変わらずなかなかいまくいかず。

この頃は、YouTubeの登録者数が日々すこーしずつ増えていくことが

ひそかなお楽しみになったりもしています。

あ。一人増えた!

あ。また増えた!

て。

特に別にユーチューバーを目指しているわけではないけれど

けどでも、やっぱりうれしいです。

もちろん、このブログを読んでくださっている方がいらっしゃることも、

同じくらいうれしいです。

ありがとうございます。

内容にまとまりはないし、

なかなか有益な記事は書けないけれど

それでも自分なりに書き続けていけたらいいなと思っています。

引き続き、よろしくお願いします。


てことで。

お勤め先のお店の店舗営業も、残すところあと数日となりました。

26日からは、おせち料理の準備に突入です。

今の職場にご縁があって、早いものでちょうど丸1年。

とにかく必死な一年でした。

まだまだ勉強することもたくさんあるし、

少しでもスキルアップしていけたらいいなと思っているのだけれど、

なかなか。

「おもてなし」「ホスピタリティ」の難しさを日々感じています。

「おもてなし」て、究極的には相手に対する「思いやり」だと思うんですよ。

どれだけ相手を思いやれるか。

それは仕事に限らず、生きていく中でとても大切なことでもあるなぁ、と。

口先だけやうわべだけの「思いやっているふり」はなんとなくできるかもしれないけど

でもなんだかんだで、

うわべとか口先だけって、案外相手に伝わってしまうと思うんですよね。

でもまぁ、伝わるうちはまだいいとして

世の中には、

上辺や表面しか汲み取れない人も、もちろんいますけど。

さらにはもっと残念なことに

自分のことしか考えてない

自分のことしか考えられない

損得でしか動けない

ような

思いやりとは程遠い人も、世の中にはいますけど。

ある意味おめでたい、もしくは、残念。

そうじゃなくて、

ほんとの意味の「おもてなし」みたいなものが

自然にさらりとできる人間になれたらいいなと。

けどでもそれもまた、なろうと思ってなれるものでもないし、

やろうと思ってやると、わざとらしく、やらせみたいになって

いやらしいし。

いかに自然にナチュラルに。

となると、

日々の経験だったり

人生経験だったり

そしてさっきも書いたけど、

究極的には「相手を思いやる気持ち」

なんじゃないのかなと。

簡単なようで難しい。

もちろん、自己犠牲はなしで。

これ大事。身を削ってまでそれをやるのはちょっと違うと思うから。

でも。

そうやって

「どうすればいいんだろう」と

問いかけ続けることは、

もしかすると大事なことかもしれないなぁ、とも思うのです。

何も考えず過ごしてて、ある日突然できる用にはならないから。

たとえできなくても

そうやって問いかけ続けることは、必要なことかもしれないなと

この頃特に思います。

ではまたー。

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

-blog
-

Copyright© oriestyle , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.