blog

生田神社 生田の森

スポンサーリンク

朝晩ずいぶんと涼しくなりました。

涼しいというよりか、むしろ寒いくらい。

週末は冷え込むらしいから、用心しないといけませんね。

ただでさえ、神経質なほど体調管理に日々ピリピリしているのに

今年の冬はそれに輪をかけてピリピリするのかとおもうと、今から戦々恐々としています。

気にしすぎてむしろ疲れてしまってもうそれまさに、本末転倒。

体調管理に神経使いすぎて疲れるってどーゆーことなの。

とはいえ。

しっかり抵抗力・免疫力をつけて、乗り切ってゆきたいなと思います。


というわけで。

今日はわたしの好きな場所のご紹介。

あちらこちらに好きな場所は色々あるけれど、ここはその中のひとつです。

それはここ。

神戸の生田神社です。

その中でも、特におすすめなのが、

この本殿の裏にあるこちら。

生田の森。

です。

その名の通り、森なんですけど。

ここに行くと、なぜかわからないけれど、毎回自然と涙が出ます。

なんでだろう。

わからないんですけど。

そしてなぜか、気持ちがパッツンパッツンの時に

訪れる機会に恵まれることが多くて、

この森に来ると、心がすっきりするのです。

つい先日も、なんだか心に余裕がなくなって

キリキリしているなぁ、というときに、行かせていただく機会に恵まれ

ありがたい気持ちでいっぱいでした。

特に。

この大きな楠。

この木のそばにいくと、とても気持ちがよくて、心が洗われる感じがします。

本殿もよいですが、

もし機会があれば、ぜひ生田の森にも、お参りしてみてください。


大きな木のそばにいくと、

その圧倒的な存在感に、敬意を抱くとともに、

たかだか40年ちょっとしか生きていない自分なんて

なんてちっぽけなんだろうなぁ、がんばって生きなきゃなぁ、

と、そんな気持ちにもなります。

長く存在するものというのは、それだけたくさんの歴史を見てきているんだろうなぁと。

いろんな人間もたくさん見てきているだろうから

じゃあこの木からみたらわたしはどんな風にうつるのかなぁ、とか。

そんなことも、思ってみたりもします。

それは木に限らず、

神仏に手を合わせるときなんかも、

そうおもいます。

たくさんの人が手をあわせにくるだろうから。

そうしたときに、自分はどんな風にうつるんだろうなぁって。

多分あちらからみると、

色々見透かされるんだろうなぁと思うのでね。

日々粛々と、生きてゆきましょう。

スポンサーリンク

-blog
-,

Copyright© oriestyle , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.