blog

伊佐爾波神社 敬天愛人

スポンサーリンク

中秋の名月。

綺麗なお月様が見えました。

記念にベランダからパシャリ。

昨日も書いたけど、今年もいよいよ残すところあと3か月。

日々をより一層大切にしたいなぁと、改めて思います。

人生は日々の積み重ね。

変わらず日々粛々と、過ごしていきたいなと思います。


というわけで。

先日、愛媛は松山にある「伊佐爾波神社」に

お参りにいってきました。

今日はその時のお話を少し。

道後温泉駅から割りと近くにありました。

神社で光の入った写真が撮れると、

素直にうれしいです。

というよりも。

神社やお寺というところは、

光が注ぎ込む場所に作られているのだろうなと、個人的には思っています。

だからむしろ光が入って当然的な。

(時々、こういう写真とれるのよすごいでしょー、みたいな人もみかけますけども・・・)

↓こちらはその途中にあった湯神社

 

そしてこちらは。

伊佐爾波神社で惹かれた文字。

【敬天愛人】と書いてあります。

この言葉は、西郷隆盛が好んだ言葉だそうです。

意味は。

天を敬い人を愛すること。

とのこと。いい言葉だなぁ。

この言葉にとても心惹かれたので

これはちゃんと残しておかないと、てことで

記念に写真に撮ってきました。

 

わたしにとっての神社やお寺へのお参りは、

心を清めるためでもあったりします。何しろすぐに穢れるので・・・。

だから、神社に行くと、やっぱり気持ちがシャンとして

なんというか、清められるというか。

身がひきしまるというか。

 

ここへのお参りの後も

 

最近愚痴や文句を言っていなかったかな?

とか

傲慢になっていなかったかな?

とか

そんな思いが湧いてきて、

あーいけないなぁ、と、

少し反省したりもしました。

時々そうやって心を戒めていないと

知らず知らずのうちに、そういう気持ちから遠ざかってしまうので

やっぱり定期的に神様仏様の前で、手をあわせないといけなけいなぁ、と、

そんな風におもいました。

 

気を付けているようでも、知らず知らずに謙虚さを忘れて傲慢になったりしないように。

いい気になったりしないように。

己の心を戒めて、「ありがたいなぁ」という気持ちを忘れないようにしたいなと、

思います。

すぐに忘れてしまうからこそ、定期的に手をあわせにいかないといけないんですけどねわたしの場合。

もしくは、時々あえてガッツーンと、イメージで自分で自分の頭をハンマーで殴りつけてみたりだとか。

してみたりね。

おまえいい気になってんじゃないわよ、って。

というわけで。

天を敬い人を愛して、

残りの3か月も粛々と、日々を過ごしてゆきたいなと思います。

 

敬天愛人

 

 

【伊佐爾波神社】

スポンサーリンク

-blog
-

Copyright© oriestyle , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.